読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛び出し注意

雑多なオタクの備忘録

ジャニーズWESTにカバーして欲しい曲を考える

歌ってほしい曲をあげる記事を読むのがめちゃくちゃ好きなので自分でもやってみることにしました。感覚だけで選んでいる上に音楽についてはからっきしなので書いてあることはあてにしないでください!あとものすごく偏っているし古い。

縛りの参考にしたのはこの記事です。

haniwa41.hateblo.jp

☆縛り

・1人3曲

・1アーティスト1曲

・少しは理由を書く

それでは聞いてください。

続きを読む

ジャニーズオタク自己紹介バトン

あけましておめでとうございます。

ブログの更新が虫の息ですが生きていましたし舞台にも行っていました。記録はこまめにしろっていったじゃない!!

しかしひさしぶりに文章を書こうとすると上手くいかないのでリハビリをしようと思いこちらをやってみることにしました。

 

okometokaraage.hatenablog.jp

テンプレお借りしました!ありがとうございます!

 

続きを読む

何者と溺れるナイフ

「何者」と「溺れるナイフ」をはしごして見てきました。終了時間と開始時間がぴったりだったので脳を整理する間もないまま2本ぶっ続けで映画を見たのは久しぶりです。
どちらもとても面白く、かつ、痛みを感じされられる作品だったなぁ、と思います。
 
あととにかく菅田将暉さんの顔面が綺麗すぎ。
輪郭が芸術。
 
以下、雑感です。ネタバレしてるのでご注意を。
 

VBB~ヴァン!バン!バーン!~

8月23日、赤坂ACTシアターにて劇団☆新感線RX、「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」を観てまいりました。タイトルめっちゃ長い。

www.v-b-b.jp

6月ぶりの赤坂ACTシアター!この地にくるとコインロッカーの余韻がやってきてしまいますね。

どうでもいいんですけど一ヶ月更新してませんでした。本当だったら7月末に西田シャトナーさんの「ソラオの世界」を見に行く予定だったんですがあいにく体調を崩して行くことができませんでした……めちゃくちゃ見たかったので思い出すだけで胃がねじ切れそうです。

 

さて、神山くんが出演するということ、また以前から興味のあった劇団☆新感線さんの公演ということでとても楽しみでもあり、反面クドカン脚本の脚本が合わなかったらどうしよう……と不安でもあったVBB。宮藤官九郎さんの脚本とか監督した作品って独特の色が濃すぎて理解できないときがあったりするので。

結果はもう本当に杞憂。

とっても楽しませていただきました!

あらすじで重々承知していましたが奇想天外な話で「考えたほうが負け」だとつきつけられるようでした。音楽の勢いにも飲まれてしまう。耳がとくにいいというわけではないけどACTシアターの音響すきです。

 

神山くん演じる蛍太郎は物語の序章的部分、かぐや姫のくだりの登場が中心で、ずっと和服。

和服好きなんですよね……神山くんよく似合うよね。可愛かったです。

和服でガシガシ踊る様がかっこよかったのと、複数のダンサーさんに囲まれてもひと目でわかるくらい自分の踊りをしているところがよかったなあ、と思います。それが舞台においてどうだという話は一回置いておく。キャラ的に目立って然るべきですから。

かぐや姫にそれを揶揄されるところとか、ファンとしては「おいしい!」の一言でした。

 

一幕終盤~二幕序盤くらいが個人的にはもうちょっと削れたんじゃないか、というくどさだったのですが、それもまた味だとは思っています。

 

中村倫也さんと篠井英介さんの役柄と演技がとってもすきで……中盤からはずっとふたりを目で追っていました。篠井さんはもともとドラマや映画でお見かけするたび素敵だと思っていたので、生で拝見出来てとても嬉しかったです。

 

主人公がヴィジュアル系バンドのボーカルということで歌声がたくさん聴くことができた生田斗真さん、小池栄子さん。

生田さんはなにしろ顔が……綺麗で……。コミカルでテンポの良いギャグシーンも、滑らかなダンスシーンも、シリアスなシーンもさすがとしか言えませんでした。TOSHIROの美しさと滑稽さのバランスがすごかった。TOSHIROのナルシスト感が全く嫌味じゃないのは生田さんの美しさあってこそだなと……。

 小池さんは愛らしい女性の役どころだったので、これまでテレビで見て、聞いてきた声と全く違う印象の、とても可愛らしい声を使われていて驚きました。喋 るたびふわふわ飛んでいってしまいそうな可愛さ。かぐや姫のいたずらなこどもっぽい笑顔も、アリスの凛々しい表情もと~~~っても素敵でした!

 

役者さんの芝居もさることながら、舞台美術や演出にも世界観に引き込む要素がたくさん含まれていて感動しました。モニターを使った演出はこれまで2.5次元系の作品でたくさん見てきましたが、ここまで場面・情景把握に上手く利用されているのを見たのが初めてで、新鮮でした。現代↔平安の切り替えがモニターを利用することによってよりわかりやすく、後半怒涛の勢いで切り替わるところも難なく見ることができました。

 

最後のシーンはちょっと歌舞伎っぽいと思ったり。劇団☆新感線の主宰であり今作の演出のいのうえひでのりさんは歌舞伎の演出もされてますので、勘違いじゃないとは思うんですけれど、どうなんでしょう。

 

とても楽しい舞台でした!

ロングラン公演ですが千秋楽まで怪我なくみなさんが走り抜けられることを祈っております!

 

ところで阿弖流為を見逃したことを死ぬほど後悔しました。

はやくDVDになってくれ~~~!

 

 

極上文學「春琴抄」――見る、盲目の恋

6月16日、全労済ホールにて極上文學「春琴抄」を見てまいりました!書くのおそくなってごめん!

 
極上文學シリーズは「Kの昇天」「ドグラ・マグラ」「高瀬舟・山椒太夫」ときて、四作目の観劇です。どの公演もとにかく原作の雰囲気を壊すことなく、美しく描きだしてくれた極上文學今回もあの儚さをどう演じてくれるのか、楽しみにしていました。

さすがである。

原作は言わずとしれた谷崎潤一郎の名著、「春琴抄」。

盲目三味線奏者春琴に丁稚の佐助が献身的に仕えていく物語の中で、マゾヒズムを超越した本質的な耽美主義を描く。

Wiki先生の概要がわかりやすすぎた

てなわけなんですが、極上文學シリーズは若い女性向けの演目なので、若手のイケメン俳優と呼ばれるジャンルの方々がバンバン出てきます。当たり前のように演者に女性はいません。全員男性。

今回私が観た回は、

春琴・伊崎龍次郎

佐助・和田琢磨

利太郎・足立英昭

鶯・鈴木裕斗

私・川下大洋

というキャスティング*1

本当に申し訳ないことにあまりご縁のなかった面々だったのですが、本当に素敵でした。

伊崎さんは声がもともと高い方なんですかね、春琴の声がとても綺麗でした。細く、丁寧で、わがままで、可憐。そんな声をしていました。

 

今回とくに感動したのは、「メタフィクション」としての表現力の高さ。

極上文學は朗読劇なので、舞台上に台本が存在します。いつもは演者さんそれぞれが台本を持っていて、それをうまく小道具として使っています。影で機織り機にしてみたり、人にめくられて時間の停止を感じたり……朗読劇という点を利用しているんでが、今回はもう。

春琴が自ら台本を見ることをしない!

春琴は盲目なので台本など見えていない、というのはわかります。そこまでなら、今までの極上文學さすがだな、で終わっていた気がします。

それだけではとどまりません。春琴の台本は、常に第三者が差し出すのですが佐助か鶯が差し出したものしか読まないのです。

最初、春琴が自らの台本を持たないことに気がついたときも感動しましたが、鳥肌が立ったのは、

利太郎が差し出した台本を突っぱね、佐助から差し出されるのを待っていた瞬間です。

盲目の春琴ではありえないことなのですが、演者さんは見えているし、そもそも朗読劇だから台本を読んでいる。そういったメタフィクション要素を、本当に上手に使っていたと思います。涙が出るほど素敵だった。

 

極上文學の魅力は他にも、客席に入った瞬間すでに具現師の方々が世界観を作り始めていること、マルチキャストによる一公演ごとの変化、うたかた師・橋本啓一さんによる美しい音楽、小さなひとつの板のうえで多彩な世界を描く美術、赤眞コーナーと呼ばれるアドリブコーナー……など、本当に大好きなものばかりです。

あの空間にいるだけで幸せになる舞台はこれ以外にない!そう思っています。

 

次回は江戸川乱歩著「人間椅子/魔術師」ということで期待しています。超楽しみ!!

チケットがご用意されて欲しいです。最高の舞台をいつもありがとう!!

いずれあわよくばジャニーズの面々でも公演して欲しい!

*1:極上文學恒例マルチキャスト

コインロッカー・ベイビーズ――どこまで行っても壁だ。

6月10日、赤坂ACTシアターにて、「コインロッカー・ベイビーズ」を観てまいりました!

www.parco-play.com

本当はすぐに感想を書きたかったのですがとにかくすごい力と熱量と内容に圧倒され、考えこんだりなんだりしていたら時間が経ってしまいました。それでも色褪せてはくれないものがあって、この舞台が今上演されて、観ることができたことを嬉しく思います。

原作未読のまま観ることになったのですが、これから原作を読ませていただこうと思います。ハシの歌声を知ったうえで原作が読めると考えるとなんと幸せなことでしょう。

 

さて、雑感です。前述のとおり原作未読なので、解釈など誤りがあるかもしれません。

読んで変わったことはまた追記したいです。

ネタバレもしていますのでこれからの方はご注意を。

 

開場時点で幕が上がっていた舞台上に、駅員が「あっちー」という言葉とともに姿を現しました。駅員は真田佑馬くん。実は昔からお世話になっていた*1ので、こういった場所で観られたことが嬉しかったです。

清掃をしていた駅員が、「ダメだろ、ロッカー。あけっぱなしにしちゃ」とつぶやき、ロッカーが大きな音を立てて閉じられます。もちろん、中に赤子がいたかはわかりません。しかしその瞬間、ぶわっと鳥肌が立ちました。

暗闇から「あつい……あつい……」「息が苦しい」という声が聞こえ、ギターの激しい音とともに、ロッカーに閉じ込められた赤子たちが踊りだします。これまで、漠然としか「コインロッカーに捨てられた」ということを捉えられていなかったのですが、ここで現実みを帯び、正面からじわじわと恐怖が襲ってきました。「死」に直結することだと考えきれていなかったのに、そこにははっきり「死」がありました。

「捨てられたのさ ママに パパに 運命神様に」

という詞が、バンドの音とともに悲しく響いてきます。大人が赤子の姿をしている滑稽さ、悲しい詞ののった激しいバンドサウンド。そのアンバランスさが、この物語の狂気の世界へと引きずり込むよう。

セットの中央からハシ(橋本良亮)とキク(河合郁人)が現れ、舞台を駆けながら歌をうたいます。

流石に歌が上手い。

圧倒的、もちろん他のキャストの方々もうまいのですが、ふたりを立てようとしてくれているのが分かりましたし、そもそも負けないくらいに歌が上手い。すごい。

そして次の日(と思われる)、駅員がまた姿を現すと、今度は「おぎゃあ」と赤子の声が聞こえ、駅員はハッとします。

「赤ん坊の声だ!」

 ここの顔がすごくよかった……。真田くんもっと演技の仕事して……。

生き残ったのはハシとキクのふたりは、同じ精神病院で治療されます。

ふたりのエネルギーを鎮めるため、鼓動の音と、波の音を聞く治療法。ハシはその音にとりつかれていき、狂っていきます。

 

このまま書いていくと書き終わらないと判断したので役柄で感じたことをざっくりとまとめていきます。

 

・ハシ

第一幕でのハシの幼さからくる不安定さ、弱々しさとともにある儚さが素晴らしく丁寧に演じられていて、脆いガラスのような声で一言一言が発されるたび泣きそうになりました。しかし第二幕では一変、音を求め狂い始め、今度は狂気による不安定さを力強く、鋭く、鮮明に描きだし、その狂気にこちらも当てられてしまいそうになります。とくに終盤の音を手に入れる直前、呆然としながらヘッドフォンで犬の鳴き声を聞いているところの表情は本当に恐ろしくて、今でもはっきりと思いだせます。

橋本さんの持つイメージからは全く想像もできない声と表情で、「ハシ」という人物しかそこにはいなかった。第二幕の衝撃をきっと生涯忘れることはないのでしょう。

 

・キク

静かな中にある情熱と激情、冷静であろうとした殻の中にあるもの、その姿をしっかりと体現していて、認識できる存在でした。育ての母やハシのために奔走し、アネモネと恋に落ち、産みの母への嫌悪や不信感を持つ、あの物語の中で一番人間らしいキャラクタ―だったように思います。だからこそ一番しっかりと板の上に立っていなければならなくて、地に足をつけていなければならないし、浮いた世界に溶け込まなくてはならない、バランスが問われる役立ったと思います。

河合さんの声はとても特徴的で、静かな声と叫びやがなりの声、そしえ歌声はどれもは印象が随分違いました。それらがじわじわと変わるとき、スイッチのようにはっきり変わるとき。常にその声がバランスとなり、キクの姿をよりくっきりとこちらに見せてくれたように思います。

第一幕最後の慟哭と第二幕冒頭の静かさの差には鳥肌が立ちました。休憩なしで連続で見る機会があれば体験してみたいものです。

 

アネモネ

とにかく可愛らしく、それでいて凛々しく気高い。とても美しい女性でした。プログラムに「本当に魅力的な女性は時代を選ばない」と昆夏美さん自身が語っていましたが、まさにその通りでした。このヒロインはきっとどこの世界でも魅力的で、見る人を虜にするのでしょう。

明るく舞い踊る歌も、しっとりと歌い上げる歌も、どれもが耳に心地よくて、アネモネが生きている瞬間、退廃的でモノトーンな世界が鮮やかに色づくような感覚でした。

 

・ニヴァ

ハシのパートナーであり、心の支えであり、音を呼び起こす存在であったニヴァ。第二幕、ハシが狂ってからの献身が印象に残っています。

母親のいないハシにとってニヴァは母性でもあっただろうけれど、それだけではなかったと思います。女性の象徴のひとつであり、また子を育てるために必要な乳房を失った女性。それは、母親を失い同性愛という業を背負ったハシとよく似ているのだと思います。歪んでいるからこそ惹かれあう、欠けた存在だから惹かれあう、そういう心の深い部分で繋がった関係。そしてニヴァは、ハシの存在によって欠けたものを埋めることができた。しかしハシはそうもいかず、狂ってしまった。だからこそこのふたりは悲しくて、儚い。最後の、「この子は生きて、蝿になったあなたを踏み潰すの」という言葉が、私にはひとつの呪いに聞こえたのでした。

 

・タツオ

真田さんが演じた役で、またこの作品でもっとも可愛らしかった。明るく狂った彼の笑顔が暗い第一幕にぼんやり灯るあかりでした。キクに「いいやつ」と言われたがり、そしてテンションが上がってしまうさまが愛らしかったです。

「ハシをいじめる奴は俺が許さない」という言葉から、彼の心優しさが受けとれました。可愛かったなあ。

 

・D

驚異的なビジュアルとキャラクター、そして圧倒的な存在感!さすがROLLYさんとしか言いようがありません。

Dの変態性とエンターティナー性は、現実世界では相当異質なものなのでしょう。しかしこの舞台は狂っていて、狂った人物ばかりです。その中で見るDは、もはや真面目な人にすら見えました。ハシを慈しむ様子を見せながら、しかし商品として利用することを忘れない。ビジネスのできる大人。

彼は傍観者であり続けたような、そんな気がします。

 

他の役どころも個性的、狂気的で見ていてドキドキするキャラクターばかりでした。

誰かが動くたび音が響くたび、何が起こるのか、何が狂ってしまうのか、そんなことに気をとられ、息をするのも、時間も忘れて魅入ることができました。観たあとはしばらく呆然として、ただ作品を振り返ることしかできなかった。これを受けて自分はどう思ったのか、どう感じたのか。この作品に出会えたことの意味もふくめてぼちぼち考えながら、毎日を過ごしたいと思います。コインロッカー・ベイビーズダチュラなのだ。

最初にも言いましたが一週間たった今でも色褪せないですし、まだしばらく引きずるのでしょう。

映像化するのであればぜひ繰り返しみたいなと思います。そんな期待も込めながら。

千秋楽までどうか、キャストスタッフのみなさんが怪我なく、楽しく駆け抜けられるよう願っております。

本当に観れて良かった!そう心から思える舞台でした。ありがとう!

 

寝盗られ宗介――熱量で魅せるもの

5月25日、戸塚祥太主演舞台「寝盗られ宗介」を観てきました。

自分にとっては初めてのつか作品、錦織演出、新橋演舞場、初めてづくしでした。

11時とイレギュラーな速さに驚きつつも劇場へ。若干迷って間に合わなくなるかと思った。

 

第一幕65分、第二幕75分に幕間35分を含めた計165分と長い時間、とても満たされた空間でした。

席についた瞬間に思ったのはステージの高さとスクリーンの大きさ。さすが帝国劇場の代替劇場でもあったとされる演舞場、今まで見たことのある小劇場とはちがうなという気持ちでした。

照明が落ち、オープニング映像が流れ、幕が上がります。

一座を率いる北村宗介とその内縁の妻、レイ子をとりまく様々な感情を、劇中劇を織り交ぜながら表現されていきました。

キャストのラインナップからすでに期待していたのですが、やはり一人一人の熱量が凄まじく、弾丸のように放たれていく台詞に圧倒されるばかり。アドリブらしき部分もあり、ただでさえ膨大な台詞の合間にそうして個性を魅せる姿勢に感動!また劇中劇に変わるタイミングが余りになめらかで、常に頭を働かせていないとおいていかれる!と必死に舞台を見つめることしかできません。

第一幕、第二幕共に食い入るように見つめ、熱量と勢いに圧倒されながら振り落とされないよう必死でしがみついているうちに終わってしまう、そんな舞台でした。

確実に一度では見切れない情報量で、繰り返し見て、自分の中で消化したかったです。残念ながら今回だけなので、記憶を頼りにすこしずつ時間をかけてじっくりと解釈を深めたいと思います。

 

しかし、あの、戸塚さんの顔が素晴らしく整っている。

客席から見ていて、双眼鏡を使うまでもない!出てきた瞬間から、その小さな顔にひとつひとつが綺麗な顔のパーツが、まるで神のパズルのように配置されていて、こんなに美しい人がこの世界にはいるのだなあ……とため息が漏れました。あまりにも綺麗すぎる。その顔を堪能できるだけで十分チケット代の価値はあったように思います。戸塚祥太はいいぞ。

関西Jr.の藤原丈一郎くんもとても可愛くて、ジミーという、劇中でも愛嬌のあるキャラクターをしっかり演じられていたと思います。第二幕の「座長が必要としてくれるなら、僕はここにいます」*1が切なく胸に響いてきました。東京に来たジミーにお小遣いあげたいし電話かけてあげたい。

 

長期間の公演でキャスト、スタッフの方々は大変だったと思います。千秋楽までもう少し!最後まで怪我なく、熱量をもった作品として仕上げて欲しいなと思います。

面白かった~~!

 

 

 

*1:ニュアンス