飛び出し注意

雑多なオタクの備忘録

ジャニアイを見た――時空の歪む舞台

1月12日、帝国劇場にてジャニアイこと「JOHNNYS' ALLSTARS IsLAND」を見てきました。昼公演!約3時間の長丁場でしたが、本当に一瞬で時間が過ぎる。逆精神と時の部屋。世代がバレますね。

これは昨年初めてジャニワに行き、しばらく口癖が「13月に行きたい」だった影響されやすいにわかオタクの雑感記事です。知ってるJrも大変偏っています。あと記憶力が鳥なので、いちおう雑誌のレポを見ながら書いていますが、だいぶアテになりません。信じるか信じないかはあなた次第。時系列順にかくのでしょうもないけどネタバレがあります。一応注意書きしておく。ついでに言うと敬称とかもすごく適当です。

 

 

ところでやっぱり森継亮太がいないんですけど!?!?!

知っていた、知っていたんですいないことは!!それでもどこか期待してしまう自分がいて、ついでにちびジュを振り回すアクロのところは、森継……と思わずにはいられませんでした。森継くんに魅せられてそろそろ一年が経ちますね。今年はもう少し現場でも雑誌でも見られたら嬉しいな~~~!!!!!!森継亮太!!!!!!!

孤高のすっとこ皇子*1!!!!!!!!!!!!!!!!

 

さて本編についてです。

最初から幕が光る!!!!!!!!!! すごい!!!!!!!!!!! と小学生のような興奮をしていると、幕が開き恒例Jrマンションが。グループごちゃまぜの立ち位置からあの狭い空間を華麗に移動してグループ別へ。曲がよかった気がする。あと各グループの紹介が好きでした。微塵も覚えてないけど(ごめんなさい)。

そこからそのまま華やかなショーへ。ジェシーくんの声で出ている人を紹介していくんですが、ショーにぴったりか!? とおののく良い声でした。

 

去年同様派手な始まりだ~~とぼんやり感動していたら、フライングしていた海人くんがモニュメントに激突。ここでわたしは「アッこれ去年勝利くんで見た!」と進研ゼミの宣伝漫画のように気がつき、もしかしてこれはジャニーズワールドなのでは……? と思い始めます。なお樹くんがモニュメントの真下にいたため崩れた破片を思い切りくらっていました。演出だと知っていても超可愛い。

そこに現れる内くん。合言葉は「ショウマストゴーオン!!!!」カタカナ表記だと猛烈にダサい。光一くんのshockシリーズが好きなのでこの言葉を聞くたびうきうきしてしまいます。アイドルマスターでもアニメOPで歌ってるしいい言葉だよ。Show must go on.

うろ覚えだけど「こんな時までショーを続けろだなんてあの人は狂ってる!!」というセリフを聞くたびにせやな。と思ってしまう。そもそもこの舞台が狂ってるよ!!!!!!!

このあとのSnowmanのみなさんの映像を利用した演出がすごい格好良かった。計算されつくしている。

 

その後どうやらショーを続けるには過去を知らなければならないということになり、日本の四季を感じつつ太鼓のパフォーマンス。ステージ一面に広がる多種多様な太鼓!!!!! どの人もたくさん練習したんだろうな……と思います。毎年やってたりするから体に染み付いてたりするんですかね。すごいなジャニーズは。

 次は悲しみの歴史を教えるくだり。ここの戸塚さんの芝居が最高だな~~!!!! 戸塚さんのキリッとした声で厳しく発言するところすごくすきです。ここでは戦争が大きく取り上げられていますが、個人的にアイドルには非日常を求めているので現実の話題、とくにフィクションでも苦手な題材だったのでぼんやりとしか覚えていない。でも、最初に死んでいくお兄さんの役をしていた岸くんの演技が、すご~~~~~く上手くて、びっくりしました。今までたくさん映像でお芝居してたのは知っていたけど全然見ていなかったのと、舞台と映像だと演技は変わってくるものだと思っているので、意外だっというか。一年前のジャニワにもいたろって思うでしょう、一年前の記憶なんて鳥頭にはないんですよ!! 全部JetなDoしました!!!!!!!!!!なに言ってんだ。

 

そして塚田さんが教える喜びの歴史。戸塚田の配役がめちゃくちゃいいですね。声からすでに陰と陽って感じがします。内容はオリンピック。2020東京五輪に関しては色々複雑な気持ちがあるのでこれまたあまり記憶にはない。ただアクロ演出は人手が足りないのでは!? と不安になった。去年こんなアクロ班出ずっぱりでしたっけ? 教えて森継。いねーよ! しんどい

プリンスのフラッグを回す演出で、岸くんは一人回しすぎてて笑いました。いつもより多く回してたのかな。それからHiHiJET。羽場くんバックに回ってるじゃないですかーーーー!!!!!!! ヤダーーーーーーーー!!!!去年HiHiJETのHiHiJETに洗脳されたときはちゃんとHiHiJETだったのに!! ややこしいけど伝わってくれ頼む。高橋くんがどうやら今はHiHiJETのようですが、それもうHiHiJETじゃねーよ! HiTiJET!! 敗退!! 羽場くんが楽しそうに笑ってなかったら本当にしんどいグループになるところだった。勘弁してくれ。HiHiJETは音源化はようせい。

そんでもってバスケ。いつも怪我しないでくれ~~とハラハラしながら見ているんですが、今回途中で樹くんがハケてたのが心配でした。最後満面の笑みだったけど怪我してないですか!! オタク心配してます!!

「JOHNNYS' ALLSTARS IsLAND」と書かれたダサい赤Tシャツで現れたアクロ班。ちびジュ、慎太郎くん、如恵留くん、すのの方など。見るたび同じ顔を浮かべますからそろそろ名前を控えます。全員が揃って踊るところ、下手側で樹くん照くん顕嵐くんがE.Tみたいに人差し指をあてっこしてて可愛かったです。

 

一幕の最後にちびジュが突然紫曜くんに「安心して宇宙に行ってきて!」と言いだしたのにはさすがに笑った。いや行くと思ってたけど。そんな唐突に言う? なんならだれか「宇宙のお土産楽しみにしてる!」って言ってましたよね。宇宙のお土産って、火星の砂とかでいいのかな……?

 

この辺が一幕で記憶にあるところ。

そういえばA.B.C-Zの皆さんが使っていたセットが集合したときテーマーパークか? と思ったりしてたんですけどあれはどこにあったんだか忘れてしまった。

 

ここで二幕。ゲストは河合さんと桐山さんでした。少クラかよ

本人たちも言ってましたけど完全に帝国劇場がNHKホールと化していた。河合さんのトーク面白くて好きです。東京B少年について全然理解できていなかったので、トークに感謝。

ところで上を向いて歩こうをカバーできるんだからほかの曲もできますよね!?!?! 桐山さん早くカバーアルバム出そう!?!?!? フジファブリックのLIFE歌って*2

 

そして三幕で宇宙へ。パワーワード感が凄まじいけど事実だし唐突に宇宙にいる。そして太陽系の各惑星ごとにパフォーマンス。

火星はSixTONES。この星のHIKARIとBECRAZYのマッシュアップ。このあと東京の光がどうたら言うし最初から最後までクレイジーな舞台なのでぴったりの曲ですね!

水星はすの。のはずがなぜか後ろにスノードームのようにされた宮近くんが踊っている。なぜなんだ。かっこいいけど。

間に何かあったけど次は木星Travis Japan。七五三掛くんのお顔がず~~~っとかわいい!! 中村海人くんはすごくロキノンバンドのベースっぽいビジュアルだなとおもむろに気がつきました。美勇人くんに教わるといいよ。

それからLove-tune(確かこの流れではなかった)。真田さんがギターを幕の間に変えていた気がします。一幕のときは白いテレキャスでここでは水色のストラトだったはず。ギターに詳しくないので間違っていたらそっと消すので教えてください。フライングしながらギター・ベースを弾く真田・森田コンビ。すごいな。器用すぎる。

 

そして宇宙でなぜか内くん(父親の姿)と遭遇。どうやらこのパパ内くん、勝利くんにショーについて教えた人らしい。つまり昨年ジャニワにいた内くんなのでは? 去年は勝利くんとモメてたけど何があったんだろう。

そこで見たのはタイタニック号とヒンデンブルグの悲劇。タイタニックでは「大変だ!氷山にぶつかった!」と飛び出してきた真田さん(のはず)と、揺れで倒れる樹くんが大変良かったように思います。推しに甘いところは自覚している。

 

そしてKINGの三人が仲違いを始める。なんやなんや。と思っていたら突然勝利くんが現実と同じ父親の話を始めます。これずるい。これ泣かずにはいられない、勝利くんは自分の家族をもっと大事にしていい。ショーの一部にする必要はないと感じたんですが、本人が納得してこれを演じたのだとしたら、それはそれで強い人だなあ、と思って泣いてしまうのでしょう。

泣き崩れる勝利くんを「贅沢だ!」と言って起こす安井くん。突然出てきてすごい言い草! ここでいきなりらぶ・すと・すののこれまでセリフがなかった人にセリフが回ってきます。たぶん声の特徴で選ばれたのかな? 誰が喋っているか、耳で理解できたので。

如恵留くんの声がほんっっっとうに郡を抜いて特徴的で、圧倒的な存在感でした。知っていたけどあの見た目からあの声が出るの反則だと思うんですよ。如恵留くんははやく声のお仕事で見つかって欲しい。声優だったらたぶん今売れっ子ですよ。梅原裕一郎のポジションにいたんじゃないか。声質が違うのでまた違ってくるんでしょうけど!

 

なんやかんやあり、地球に帰る前に帰る帰らないでひと悶着する勝利くんとパパ内くん。そこでなぜかほとんどのJrが半裸になりそのふたりを囲んで踊るという狂気的なシーンが入ります。あれはなんだったんだ? 見ているこっちが心配になるクレイジーさだった。なんだ急に。服着ろ。

 

そしてLet'sGoToEarthという一発で体に刷り込まれる魔法の曲でもって地球へ。服は着ました。

写真を見ながらジャニーズってすごいね! たくさんのスターと出会える! という話。出てくる写真がほぼ堂本光一先輩なんですがそれは……?

最後は東京ってすごいね~~若者集まる~~という話をして、Let'sGoToTOKYOという曲へ。三代目の新曲かと思ってびっくりしてしまった、違う。曲を終え幕が落ちると、写真と名前でエンドロール。遺影か?

早すぎてちびジュの顔と名前が一致しなかったのと、たぶん出ていなかった子の名前があるなど問題はあるなと思いましたが、まあそのへんは愛嬌だ!!!! 森継くん飛び入り参加しても大丈夫だね!!

そのあとEDがあり、JOHNNYS' ALLSTARS IsLANDは幕を閉じました。

 

大変わけがわからなかったんですけれども、昨年同様ショービジネスの素晴らしさを感じさせられるいい舞台でした。今回は舞台中真剣で殺し合わなかったところが個人的に良かったなあと思うところです。

ダメなところは森継亮太がいないところ!お疲れ様でした!

 

 

*1:テレナビスマイルは天才

*2:前回記事参照