読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛び出し注意

雑多なオタクの備忘録

「いちばん」ってなんだろう

ライブ

1月27日、例年よりすこし暖かい、真冬の渋谷が七夕になった。

宇宙で一番好きなバンド、TaNaBaTaの冬のワンマンライブ。2日間あるので、今日は初日だったわけだ。

いつも通りレポでもなんでもなければ、感想とも呼べない。けど、記録しておきたいし、あわよくば誰かに少し聞いてもらいたくなったので、こうして文字にしている。

真冬の七夕の夜が明けないうちに、朝が来て全部消えてしまう前に、この気持ちをメモしておきたい。

つまりそうこれは完全に日記です!!!!

 

 

 

ライブの内容はもちろん最高だったけど、今回残しておきたいのはそこじゃなくて、アンコールでステージに立ったあにーさんの言葉。それからそれを受けて帰路でぼんやり考えた、自分の気持ち。

一旦はけたときに、かずやくんがあにーさんに、「ちるの*1やってるとき、楽しそうだったなあ!」と言ったらしい。それに対してあにーさんはステージの上で、「どんどん楽しくなっていく」とか、「いつもその回が一番」だという話をしてくれた。ダブルアンコールでは「(ライブの)回を増すごとに感極まるのが早くなる」という話をしていた。

私は、このTaNaBaTaというバンドのことを、宇宙一好きだと思う。自分の知っている音楽では。

でも時々、「本当に一番なのか」ということを、考えてしまう。そんなこと考えてどうするわけでもないけど、ついつい考えてしまうのだ。そして好きな気持ちに、自信がなくなってしまったりもする。

 

話がちょっと変わるけど、ジャニーズにはまって、「担当制度」というものが大変身近になった。そしてそれが苦手だとも思う。

担当制度っていうのは「一番を決める」こと。そのグループの中であるいはジャニーズに所属する人で、誰を一番応援するか、はっきり言うこと。「いやそんな深く考えんでも」と思うかもしれないけど、でもファンクラブに入る時に「一番好きなタレント」名前を書くわけで、やっぱりそれって結構、大事なことな気がする。それが必須な以上、ファンクラブに入るなら一番を決める必要がある。

少し前に「ジャニーズ自己紹介バトン」をやった。最初の質問は「担当は誰か」だった。私は神山さんをきっかけにジャニーズにハマる決意をしたし、今も神山さんのことは好きだけど、ジュニアも好きだし、応援したい。あとさんざんかいたけどのぞみ(あるいはこたこ)とかいう変化球も大好きだ。面白いかなと思って「のぞみに担降りした」というていをとったけど、多分私はここまであげた誰の「担当」でもない。

ジャニオタにとって「担当」というものがいかにすごいものかを知ってしまうと、なんとなく「私は誰担です」というのがはばかれる。それから「○○担なのに違う人やグループの方が好きそう」と思われるのもなんとなくいやだ。

 

なんでこの話をしたかというと、「担当」という言葉に「常にこの人が一番です」という主張を感じてしまうからだ。

そんでもって、「一番好き」といったものが、「常に最優先でなければならない」みたいな認識が、やっぱりあるような気がする。私が勝手に世の中にあるものと思っている。

TaNaBaTaを一番好きといったら、他のバンドは二番だから、他のバンドを一番好きな人に、失礼な気がしてしまう。これは多分私の勝手な意見で、勝手な解釈だし、そんな風に思ってない人もきっといる。今はないけれど「自分より好きな人がいるのに、ライブに行くのは申し訳ない」となんとなく思いながらライブに行ったことがあったし、そんな理由で誘いを断ったこともある。

その考えをなんとなく改めたのはつい最近で、これは舞台やコンサートの「現場」に行く楽しさを知ったからだし、今生きてる人が今やっている現場に立ち会えるというのは、本当に奇跡みたいなことだと思うようになったからだ。フジファブリックの10周年記念武道館で、志村正彦と歌う山内くんを見たのは大きいかもしれない。

そんなこんなで「一番じゃなくてもいい」ということを学んでいたわけだけれども、今回のあにーさんの言葉を聞いて、思ったことがある。

 

一番って更新されていいんだ。

当たり前なのに今まで全然思いつかなかった。当然のようにやってたかもしれないけれど、「一番」について考えるときには全然思い浮かんでなかった。

ひとつの一番を決めたら、それをずっと一番にしなきゃいけないわけじゃない。

いまこの瞬間はこのライブが一番楽しみ。でもこのライブを終えたら次のライブが一番楽しみ。それでもいいんだってことに気がついた。それだって一番なんだから!!!!

この現場では誰担。次の現場では誰担。それでもいいし、なんならもうこの曲では誰担とかでもいいんだ。すげー! 当たり前! 

 

そんなことを考えて、それからさらに気が付いたんだけど、別に二番とか三番とか、順番を決める必要は、まったくもってない。全部一番でもいい。

好きなものに使えるお金も時間も限られているから決めておいた方が基準ができるなと思って、決めるように心がけていたけど、別にそれは固定で決めておかなくていい。「そのとき一番だと思ったもの」に使えばいいんだって気が付いた。でも3kの円盤をお金がないからと先送りにした翌日5k課金したりするのはよくないと思うよ。

フレデリックの歌う「オンリーワンの正真正銘ナンバーワンなんだ」の今になってようやく意味が理解できた気がする。比較するものがないからオンリーワンはナンバーワンなんだよ!!!!! 「ナンバーワンにならなくてもいい」じゃない!!!「オンリーワンはナンバーワン」なんだ!!!! すごい。世界に一つだけの花に対して感じていた違和感の正体も理解してしまった。私は今日ずいぶん成長した気がする。

自分史上最高の私ってこういうことだ!!なんか違う気がしてきた

いや~~すごいな。すごい嬉しいぞ、元気。パワーあふれてる。

 

 

今一番楽しみなのは明日のTaNaBaTaで、それが終わったら2/1のFINLANDS。すごい楽しみ!! 2月は現場に沢山行く予定です! ぜ~~んぶ一番楽しみです!! 最高!!

たぶんTaNaBaTaが一番じゃない瞬間って言うのはある。他のバンドのライブに行ってる時とかね。でもなんでもないときに、ふと聞いてあ~一番好きだな~~って思えるのはTaNaBaTaな気がする、そういうことなので、やっぱり宇宙一好きなバンドです!!!!!!!!!!!

 

おつかれさまでした!!

BGMは新譜MYSTICより「わかってる」でした。わかっていた~~~~~~!!!!!!!!!!

 

おやすみなさい

 

(追記)

目が覚めて読み返して何を当たり前のことを言ってるんだ? とか語彙力がゼロか? と思ったけど、私は今までこの当たり前に一生懸命抵抗してきたんだろうな。自然に言われて、やっと自分の中で折り合いがつけられたような気がする。語彙力は鍛えようね。

 

本当に最高の2日間だった!!

ありがとうTaNaBaTa!!!!
f:id:shi_nakun:20170129133710j:image

 

 

*1:「ちるのちるのちるの」。タオルを回す曲