読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛び出し注意

雑多なオタクの備忘録

フォーリミ初めての武道館、で見たもの

ライブ

2月11日、東京は日本武道館。アルバムの名前を冠した“eureka”ツアーを終えて、初めて武道館のステージで、ワンマンライブをする04Limitedsazabysを見に行きました。

natalie.mu

2015年の夏頃から好きだということにしたど新規だけど、ちょ~~~ぜつに楽しくて、格好良くて、魅力的で、華やかなステージだったので、感じたことをまとめておきたいと思います。

 

会場時間くらいに九段下に向かって、武道館に向かう階段のところには、タイアップさせていただいたメニコンさんの、愛に溢れた看板が。オチが最高だったので、コンタクトにするときは絶対にメニコンを選ぼうと心に決めました。

武道館のタオルなどを物販でちょちょっと購入して、中へ。ダイブやモッシュのある激しいライブは慣れないので指定席でチケットを取ったんですけど、あの、一階下手側ド正面というたいへんいい位置でした。新規がいい席座ってごめん。

RYU-TAさんがあっちこっち行ったりするのを見るのが好きなのでとってもありがたい席でした。前が関係者席だったようで終始座られていたので、めちゃくちゃ見やすかったです……。

開演前にはオーラルやキートークなど、親交のあるバンドメンバーが姿を見せ客席が湧きます。みんな瞬発力と特定力がすげーよな。

 

「よっしゃい、く、ぜォイッ!」という、円陣の掛け声が好きなので、リハ~袖の演出はとても嬉しかった。そこから響くmonolithのイントロのかっこよさったらない。本人も昔言っていたと思うけど、この曲が一つの節目というか、代表曲だと思うのでこのつかみは素晴らしいと思った。ライブではよくに替えて歌っている、「きっと忘れられないな」の先の言葉に、は、まあ軽率に涙を誘われてしまうよね。手拍子をしたりだとか、定番曲に会場の一体感もすごくあった。途中の「バァン!」という特効に開幕感を感じるとともに、「これはやばいぞ!」と期待を膨らませました。特効にビビるよねという話も。

続くficiton,escapeは定番曲のような気もするけど、個人的にかなり好きな曲なので嬉しかった。ficitonのレーザーはもちろん、なによりescapeのモニター演出がすごくて!!もうほぼほぼMVと同じくらいに細かく分割されて、そこに今演奏している姿が映るのがあまりにも素敵で、しょっぱなから変な声が出た。曲はもちろんのことMVもめちゃくちゃに好きなのでこの演出には感謝しかない、円盤になるときは上手に映して収録して欲しい……アツすぎるでしょうが。

www.youtube.comこのクソかっこいいMVが100万再生されてないの解せぬ

 

RYU-TAさんの楽しげなコール&レスポンスのChickenraceのあと、最初のMC。ここでいつもの、「名古屋の04 Limited Sazabysです」と言っていた気がする。

GENさんの「音の世界ならどこへだっていける、もっとクレイジーになりたい、自由自在に、フライ」という口上から最新アルバムのリードともいえるWarpへ。可愛らしい歌詞のDropでは「オーライオーライオーライ!」とGENさんが歌い、RYU-TAさんが煽れば客席からも歌声があがる。サビでは手拍子をリードし、ポップな曲が終わると、「日本武道館! どこでもない! 今、ここ!」と叫ぶように投げかけ、初めての日本語歌詞だというNowhere~。これもMVそっくりの画面分割をしてくれるありがたさ。オッ金がかかってるぞ!!!!! と思ったりした。

www.youtube.com

私はGENさんが言う曲の前口上みたいなのがほんと~~に大好きなんだけど、「どこでもない!今、ここ!」と煽った場所が日本武道館なのはもう、なんだ、天才なのか。すごい……。いやこの曲の口上なんだから当然っちゃ当然なんですけど。

次の曲のイントロにあわせて手拍子をしていると、一息ついた様子で「プリーズ、リピート、アフター、ミー」とlabyrinthのサビをみんなで合唱。ラスサビ前の、すこし音がシンプルになる部分では会場の手拍子がはっきりと聴こえていました。

そして、このこの口上が死ぬほど好き!! と自信を持って言えるのが「武道館起きてんのー! nem!」の流れ。起きてんのー! って聞いてくるのずるくない? 

起きてるに決まってるじゃん、こちとら爆アゲだよ!! 

そして曲が始まり、メインモニターに写ったのはMV!

www.youtube.com

このMVが大好きなので嬉しさもあり、MVで感じられる幼さからは今目の前で演奏している人たちの老い、もとい成長を感じたり。あとほんとあの間奏の画面分割されるところでリアルタイム映像と掛け合わせるの凄すぎでしょ!?!?!?!?

f:id:shi_nakun:20170215020550j:plain

これね。MVのなかでもどちゃんこ好きな演出です。

 

終えてMC。たくさんの仲間や友人が見に来てくれたよ~~というお話です。「さっきも開演前にキャーってなってたけど、「あれぜってぇオーラルとかWANIMAとかだぜ」とか言って」と話すGENさんの顔が結構ぐぬぬってしてたのが、演技だとしても可愛いなと思いました。

武道館は音が上の方から聞こえてくるので、「音が降ってくるみたい」、「こんな場所で鳴らせて曲たちもうれしそう」と言うと、会場は「?」という雰囲気になったのが苦笑いを見せて、「曲のことは子供たちのような存在」と表現。デコニーナか?

そこから「懐かしい曲やってください! とか言われたりするんだけど、いざやってみると「お、おお…」みたいな反応されてさ、でも今日は懐かしい、昔の曲もいっぱいやるんで、知らない曲でも、知ってるぜみたいな顔で盛り上がって」と続けて、「この瞬間を見逃すな」と言った次の瞬間にはGrasshopperを歌いだしている。この、MCと歌の切り替えが一瞬で行われるのは本当にすごいと思うし、ついていくメンバーもすごいなと思う、ほんといきなり始まるもんだから。タイトル通りバッタ視点の映像がメインモニターでは流れてていたのに、「明日の自分はどうだ?」だけ文字にする演出。

ずっりぃ~~~~~!!!!!!!!!!!!

オタクこんなん大好きだよね……少なくとも私は死んだ。そもそもこの曲の日本語部分、言葉選びがすごく好きなので(「自分でいてくれよ」、「なりたい自分の手を離すな」、「翌朝に目を覚ます」)、鳥肌でした。かっこいいだろうこれは……。

続くknifeでは炎の特効が。すげえ~~!! アイドルかよ

映像は歌詞が流れ出るタイプなんですけど、歌詞がラップ調なのもあって、こう、ニコラップでみたことある!! という謎の興奮を覚えました。

www.nicovideo.jp

特にこれ

続くLost my wayでも歌詞演出はあり(のはず)。声高らかなimaginaryが続くと、ステージは一旦暗転。imaginaryの「退屈な夢を見続ける」が序盤に来ているのが今思うとすごくグッときます。

 

暗転して、モニターにこれまでのライブ写真やアー写とともに、が会場や日程がエンドロールのようにガーーーっと流れ、大きく映し出された日程はまるでこの日へ向かうカウントダウンのように刻まれていき、「2017.02.11 日本武道館」の文字が映ると、会場からは拍手と歓声が注ぎます。おら泣けるやろみたいな演出あざとい……。

 

明転して、HIROKAZさんの叙情的で、儚い、消えてしまいそうなアルペジオに乗せてGENさんが口にしたのはBuster call。この言い方は安っぽくてあんまりしたくないんだけど、さすがにエモい。エモすぎる。

初期の頃の、メロコアらしい、世間での評判もわりといい、大事な歌を、スポットライトを浴びて歌いだす姿がエモくないわけがないんだよね。言葉が見つからねえ。

そしてアカペラ部分を終えて、一気に盛り上がる瞬間に「日本武道館、そんなもんじゃないでしょ! こんな景色じゃ、満足できないでしょ!」と一気に煽るのはずるすぎるでしょ~~!? RYU-TAさんの声が重なるタイミングが最高で、ダミ声が格好良くて本当に好きだと思う。いつもは縦横無尽に駆け回ってるのに歌ってるとき直立になっちゃうところも好き。勢いをのこしたまま曲はRemember,Anyと初期の曲を畳み掛けてくる。Rememberの一瞬で終わっちゃう感じが本当にきれいだな~~とつくづく感じさせられました。

「引き寄せられる、引力」と歌詞を匂わせる口上で、compactkarmanを披露、「懐かしい曲をやります」と前置きして「遠くの友人にも届くように」と囁くような口上からbreathyouへ。

 

曲を終えると、「さっきも言ったけど、今回はたくさんの人が見に来てくれていて。バンド仲間から、ライブハウスの人とか、俺がバイトしてたとこの店長とか、親戚とか」と関係者への感謝を。「それから今日来てないけどビデオレターみたいなのをくれた人もいて、ほんとに「ええ、こんな人から!?」というくらい豪華な人たちなんですけど。俺たちだけで見るのもったいないから使ってもいいですか、って行ったらいいよ~って言ってくれて……みたい?」と煽って、ビデオメッセージへ。MCが真面目そうだから横山健さんとかを想像していたんですけど、見事に茶番へのフリでした。

KOUHEIさんだけ女装をさせられて、そこから定番のイジりに入り、「男らしいところ見せてみろよ!」「ああ見せてやるよ!」の流れでドラムソロ。腕の動きが早すぎて見えない。残像だ……。気がついたら\シャーン!/って鳴ってたりする。

そのまま都会を駆け抜けるような映像でNightonに。終えるとすぐさまエロチックなギターが印象的なmahorobaのイントロ、映像は曼荼羅のような感じで、エロい。曲もエロいんですけど。

そしてcubic,discordとRYU-TAさんのダミ声曲が続きます。discordでは声にあわせて黒地に白で毛筆のような歌詞演出。RYU-TAパート、GENパートで色味も音も全然ちがうのがすごい。かっこいいとかわいいを反復横跳びしてる感じがする。

 

一旦音が止まり暗転し、すぐにまた明転。ここでギターが変わったかな? もう記憶が曖昧になってきました。

しっとりとした空気のなか、「9月から、昔からお世話になっている小さいハコから大きいハコまで、お世話になった人たちに会いに行ったり初めて行く土地に行ったりしました。初めて行くところにも自分たちを待ってくれた人がいて、なんなら俺より歌詞ちゃんと歌えてる、そんな人たちがいるのって、当たり前じゃないです、ありがたいです、パワー貰ってます」「お手紙とかをもらって、「ここのフレーズを聴いて、私はこういう気持ちになりました、救われました」って言ってもらえたりします。自己満足で始めた音楽が誰かの生きがいになって、救ったりして、その言葉に僕たちも救われてます」と、ゆっくりと丁寧に、感謝を述べて、すこし笑みをこぼし、「そして、そんな感謝の気持ちを、お、て、が、み、に、したためてきました~~!」と手紙を書くジェスチャーをして、Letterを披露。手書きで便箋に書かれたような歌詞とMVをミックスした映像が流れる。

続けて「愛を補充し合う、よこしまなふたりの歌」milkをタイトル通り甘い歌声で歌い上げ、「最高にいい景色をポケットに閉じ込めて持って帰りたい。この、幸せな時間が永久に永久に、続きますように」と大切そうに披露されたのはhello。サビで「歌ってくれー!」というRYU-TAさんに答えるように客席は「永久に永久に」と大合唱。優しそうに「ありがとう」とGENさんが言っていた覚えがありますが、妄想かもしれない。

武道館でライブをする時に、と作られた唯一のバラードeureka。私はこの曲の話を聞くたびに、この日ここでこの曲を歌う姿を考えて涙ぐんだりしていました。いやほんと、あのね、これすごいんですけど、武道館で歌うために作られた曲が「まだ 夢を見てる
叶えずにいられない」なんですよ。すごくないですか。序盤(初期)では「退屈な夢を見続ける」って歌ってた人が!!!!

叶えずにいられない夢を!!!

見るように!!!!!!!!!

なる!!!!!!!!!!!!

セトリ考えた人は天才だからいますぐ振込先を公開して。

最初の「頬を伝って流れる夜」で、ゆっくりと頬をなぞったのをみて「そういうのすきだからーー!!」と怒るとともに涙が頬を伝いました、泣ける。知ってた。

バラードが難しいと言っていたので、演奏で失敗しないかハラハラしていたんですが、本当に綺麗でシンプルな演出と音と歌声で、は~~泣けた。HIROKAZさんの美しいメロでしめられたあと、本編最後のMCへ。

 

「俺たちは4人だけど、少しでもいい音が出せるようにPA……音響さんが頑張って、少しでもかっこよく見せようと照明をやってくれて、なによりディスクガレージが、こんないい日に、こんな最高の舞台を抑えてくれて、ここに立っています。裏方と呼ばれる仕事だけど、やっていることは表のことで、僕たちは裏方だと思ってないでです」、「バンドをやめるタイミングはたくさんあったけど、やめなかったのはいい出会いがあったからで。俺たちがラッキーだったのは、すげーいい人たちに恵まれていて、そういう人たちになんで出会えたかっていうと、それは俺たちがすげーいい奴だからです」すこし笑いながら「俺はほんとうそう思ってる」と行ったとき、もうすでに目が潤んで、きらきらと輝いていた。「辞めたくないのに辞めなきゃいけなかったバンドマンが、たくさんいたと思います。自分一人でここに立ってる気がしないです。立ってだけで、バンドマンが成仏している気がします」といったあと「ちょっとヤバイな」と苦笑しながら、たまった涙をこぼすまいと拭ってしまう。「自分が泣いて、フロアがもらい泣きすることは悪いことではないけど、それはしたくない」とどこかのインタビューで答えていたのを思い出して、本当に一貫しているなあ、と思った。

「俺たちは俺たちなりに、皆さんのおかげで未来が明るくなって、前向きな曲も書けるようになった。俺たちは俺たちにしか送れない希望をどんどん皆さんに送っていこうと思ってます」

そう言って歌うのがHorizonなんて聞いてない。

いやそりゃそうなんだけど、だってアルバムeurekaのインタビューで、「朝(Horizon)から夜(Nighton)になって夜が開ける(eureka)っていう流れを感じて欲しい」みたいに言ってたわけじゃないですか。ループ再生しながらああ~~~~夜が明けたて朝日が昇った~~~~!!! って感動してたオタクがここにいるんですよ。ふざけないで!?

はあ~~~~~~セトリ組んだ人は天才……(三段落ぶり二度目)。

そのまま畳み掛けてくるのが「みなさんとまたここで会えますようにー!」再会の約束の歌、Terminal。これには「自分で選んだ夢の途中」っていうフレーズが入っていて、も~~~~~~~~~~~~~~~~~退屈な夢を見ていたのを自分で選んで叶えずにいられなくなる夢にしてそれを叶えてる途中なのも~~~~~~~~~~~~~勘弁してくれ。

最後にいつもの、「皆さんの未来に光が射しますように、俺たちの未来に、光が射しますように、日本のロックシーンに、光が射しますように~!」と両手いっぱいに拳を握り締めて、転機の曲であるswimで締め。「ありがとうございました~~」と言いながら両手をあわせて顔の前にあげる姿が好きでした。

 

全員がはけたあとも客席の興奮は冷めず、すぐさま手拍子が。

それに答えるように出てきて、「この会場って世界大会とかあったよね」「あったと思う」というようなやり取り。RYU-TAさんの喋り方いつもにましてふにゃふにゃでかわいい。「どこまで行けるかわからないけど、ここまできたからには山頂へ登りきるしかない。まだまだ行きたい! 天下取るしかないんじゃないですか?」と投げかけてcrimbを終えたら、歌詞の「もっともっと行ってみる?」に答えるような「もっともっと行きたい!!」、「俺たちについてきてください!!」と続け、「ただ先へ進む」歌、Feel。このつなぎも天才。Feelの「忘れたくないこの思い いつまでも絶やさないでね」を、こんな綺麗な景色で歌われたらもう、絶やさないでしょ……!? 何言ってるかわからなくなってきた。あとここでも「夢を観てる まだ夢は続く」っていうフレーズがあって、もう言いたいことはわかるだろ!?

 

ダブルアンコールでは「バンドやめなくてよかったー!」を第一声に、「武道館にー、流星群をー! 持ってきました!」「天井をぶちやぶり! 降って、降って、降って! 積もりますように!」といういつもの口上でmidnightcruising。ステージに設置されたミラーボールがライトを反射させて星空のように輝いて、この演出にはフロアも大歓声!!!!!!! 「midnightcruising!」のフレーズではメンバーも客席も一体になって声をあげることができて、私は泣いた。

最後の曲は「青春になりたいわけじゃない、できるだけ一緒にいたい! できれば、一生一緒にいたい!」と、一生死ぬまで一緒なGiveme。ここではその日に撮った映像を編集してエンドロール風に流していて。スタッフさん働きすぎィ!と思った。終わりとともに特効で銀テープが舞い、最後の一曲を黄金色に染める。

「最後のアレ(特攻)忘れててまたビクッっとしちゃった」と笑わせたあと、ステージの左右いっぱいに移動して丁寧にお辞儀をしたあと、全員で集合写真を撮影、で終了。

 

計算され尽くしたセットリストと、夢を叶えた人間だからこそ響くものがあるMCと、個々の魅力たっぷりのステージング、そして愛あふれる演出!!!!! とにかく最高のステージでした。DVDを今すぐ出して欲しい気持ちでいっぱいです。MCもできるだけカットしないでいれて欲しい!! 4,444円で元が取れないなら44,444円出すから頼む!!!!!!! ドキュメンタリーも忘れないで欲しい!!!!!(強欲なオタク)

 

あと赤字の話をしていたと思うんですが(どこのMCか忘れた)、そりゃ演出に金がかかってるわ、アリーナはスタンディング(ダイバー保護に人件費かかる)にするわで、金がかかるに決まってるだろ!! という感じでした。

物販はもっと高くてもオタクは買い集めると思うから、タオルは3000円で売っていいと思うし、あと売り切れないようにたくさん作って、在庫を通販に回して手数料をふんだくって欲しい。

ユリイカのキャラクターマスコット完売したの許しませんからね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

受注生産でDVDにつけてくれたら許します。日本コロムビア見てる!?!?!? 

オタクの介護は手厚くお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 最高にいい景色を、ありがとう!!!!!!!